iDeCoが投資の中で老後の資産を形成するのに適している理由

不景気から抜け出せない日本の重大な現状

今日の日本の景気動向は決してよいとはいえない状態が続いており先行きの見えない状態が不安感をあおっています。
会社勤めで一生懸命働いてももはや永年雇用の時代ではなくなり、いつ職を失ってもおかしくない状況下にあり宛にしていた年金ももう仕組み自体が破綻している状態、老後を年金で過ごせた時代は当に終わりを告げており、今の人々は一生現役で働き続けなくてはならない未来になっています。
このままでは少子高齢化がすすんでいる中働き手がいないまま老人ばかりが働いて世の中を支えていかなくてはいけない世の中になってしまい、子に自体が倒れてしまう可能性も含んできました。
今後我々にとって安心して暮らしていける保障は何もありません。

当てにしていた年金制度の崩壊で不安の老後

特に大きな自体はこれまで老人世代を支えてきた年金制度の崩壊が非常に大きな問題に発展しており、国の政策の甘さが思い切り露呈している状況になっています。
もともと年金制度自体が若い働き手が老人の年金を負担し世代順繰りという仕組みで老人の暮らしを保護するという現在の日本の人口比率には合わないものだったため日本の少子高齢化は大きな痛手となって国民の暮らしを締め付けています。
そのためもう数十年も前から年金の収入源は確実に減少しており、今となっては破綻の粋までに達しています。
今の現役世代は年金をもらえたとしてもとても人間が暮らしていける金額は望むことができず、一生働かなければ生活できないところまで追い込まれています。